田中広輔がポスティング!? 菊池雄星と間違えて米ESPNが一時、写真を掲載

12月4日(火)8時35分 フルカウント

本文では「27歳西武のエース」も、日米野球での田中の写真が…

 メジャー移籍を目指す西武の菊池雄星投手がポスティングされ、米国時間4日(日本時間5日)からメジャー30球団との契約交渉が解禁となる。米メディアはこぞって菊池のポスティングについて報じているのが、報道を急ぐあまり、まさかの人違いが起きてしまった。

 米スポーツ専門局「ESPN」公式サイトでは、AP通信の記事を転載する形で「日本のスター左腕、ユウセイ・キクチが火曜日にMLB球団と交渉可に」という見出しでニュースを紹介。だが、そこに添えられた写真は、なんと日米野球の第4戦で菊池涼介内野手のスクイズに合わせて本塁へ滑り込む広島の田中広輔内野手だった。キャプションには「12月4日からMLBチームと交渉が可能になるコウスケ・タナカ」と書かれていたほど。だが、すぐに間違いに気が付いたのか、掲載から約1時間後には本物の菊池雄星の写真に差し替えられていた。

 投手の菊池と野手の田中がどうして間違えられたのか謎は残るが、発表まで一刻を争う注目ニュースだったことの証拠とも言えるだろう。

 敏腕代理人スコット・ボラス氏のサポートを得ながら、メジャー球団への移籍を目指す菊池。交渉期限は米国東部時間1月2日午後5時(同3日午前7時)までとなっている。(Full-Count編集部)

フルカウント

「菊池雄星」をもっと詳しく

「菊池雄星」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ