仙台MF関口が肋骨骨折で全治3週間 大分戦で負傷

12月4日(水)20時0分 日刊スポーツ

仙台MF関口訓充(2019年11月10日撮影)

写真を拡大


ベガルタ仙台は4日、MF関口訓充(33)が11月30日の大分戦で負傷し、左肋骨(ろっこつ)骨折と診断されたと発表した。
全治3週間の見込み。

日刊スポーツ

「仙台」をもっと詳しく

「仙台」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ