U22守護神大迫がA代表入り「いい経験になれば」

12月4日(水)20時15分 日刊スポーツ

練習後、取材に応じる広島GK大迫敬介(撮影・横田和幸)

写真を拡大


U−22代表の守護神GK大迫敬介が、6月の南米選手権に続いてA代表入りした。
「韓国とかは特に球際の強さがある。自分がそこに立つことでいい経験になればいい」と、アジアの強豪との対戦を心待ちにした。来年1月のU−23アジア選手権の代表入りも確実なだけに、12月はオフの確保も困難を極めそうだ。

日刊スポーツ

「アジア」をもっと詳しく

「アジア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ