西武森1・2億増の2億「びびった」高卒7年目大台

12月4日(水)17時22分 日刊スポーツ

会見で笑顔を見せる西武森(撮影・たえ見朱実)

写真を拡大


西武森友哉捕手(24)が高卒7年目での2億円に到達した。4日、埼玉・所沢で契約交渉を行い、1億2000万円アップの年俸2億円で更改。球団の高卒野手では、清原和博松井稼頭央に次ぐ6年目での1億円到達どころか、2億円の大台に乗った。森は「びびりました。『来季も顔となるので頑張ってほしい』と言われた」と喜びを口にした。
今季は正捕手としてだけでなく、打率3割2分9厘で首位打者のタイトルも獲得。攻守でチームの柱となりリーグ2連覇へ導きMVPも獲得したことが評価された。3連覇のかかる来季に向けて「今年は打撃に助けられた。来シーズンはバッテリーで勝てた試合を1試合でも多くつくりたい」と語った。

日刊スポーツ

「埼玉西武ライオンズ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「埼玉西武ライオンズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ