ソフトバンク明石来季も1億円、3年契約最終年意欲

12月4日(水)15時37分 日刊スポーツ

会見で記者の質問に答える明石(撮影・栗木一考)

写真を拡大


ソフトバンク明石健志内野手(33)が4日、福岡市中央区のヤフオクドーム内の球団事務所で契約交渉に臨み、3年契約最終年となる来季も1億円(金額は推定)で契約を更新した。
今季はサヨナラ本塁打でバック宙してホームインするパフォーマンスを見せるなど、印象に残る活躍も多かった。「まだまだ若い選手に負けてはいけないと思うし、しっかり二塁手のレギュラーを狙っていく。腰の手術(19年2月)から1年もたってないので、しっかり手入れをして、不安を100%取り除いてからのスタートにしたい」と気持ちを切り替えていた。

日刊スポーツ

「ソフトバンク」をもっと詳しく

「ソフトバンク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ