安田祐香ボギー発進も5位浮上 QTファイナル

12月4日(水)17時32分 日刊スポーツ

安田祐香(2019年8月18日撮影)

写真を拡大


<女子ゴルフ:QTファイナルステージ>◇第2日◇4日◇埼玉・こだまGC(6472ヤード、パー72)

黄金世代に続くプラチナ世代の実力者、安田祐香(18=大手前大1年)が6バーディー、2ボギーの68で回り、通算6アンダー、138で5位に浮上した。目標通りの2日連続アンダーで安定した力を発揮。来季前半戦のほぼ全試合出場が可能な30位以内へ、大きく前進した。
木戸愛が10アンダーとスコアを伸ばし首位に浮上。渋野の後輩、石川怜奈は14オーバーで95位のままだった。
   ◇   ◇   ◇
出だしの1番でボギー発進も、安田に動揺はなかった。3番、4番で連続バーディーを取るなど、前半、後半と3個ずつバーディーを重ね、2日連続でスコアを伸ばした。「ショットでのバーディーが多かったので、明日への自信になります」と手応えも口にした。
渋野や勝、小祝ら黄金世代に続くプラチナ世代の実力者。ジュニアの日本代表で海外経験も豊富で、来季は次期エース候補と期待される。163センチ、53キロと細身だが、体幹の強さを生かしたぶれないショットが武器だ。「明日も目標通り、ちゃんとアンダーで回ること」と余裕で話した。
▽木戸愛(首位から出て8バーディー、4ボギーの68で2日連続1位キープ)「この1年は思い切ったプレーができていなかった。そこから気持ちを切り替え、思い切ったプレーができている。まだまだ(やれる)という気持ち」

日刊スポーツ

「安田祐香」をもっと詳しく

「安田祐香」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ