阪神糸原2000万円増「先頭に立って」来季も主将

12月4日(水)15時42分 日刊スポーツ

契約更改を終え報道陣に話す糸原(撮影・上山淳一)

写真を拡大


阪神糸原健斗内野手(27)が4日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約交渉に臨み、今季年俸4000万円から2000万円増の6000万円でを更改した。
3年目の今季は初めてキャプテンを任され、2年連続の全試合出場で打率2割6分7厘だった。シーズン中盤には5番打者としてポイントゲッターの役割も担った。勝負強い打撃で得点圏打率は3割1分4厘をマークした。
来季もキャプテンの続投が決まっている糸原は球団から「若い力で頑張ってくれ」と言葉を受けた。若きリーダーとして「先頭に立って、引っ張っていければ」と15年ぶりの悲願を目指す。(金額は推定)

日刊スポーツ

「阪神」をもっと詳しく

「阪神」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ