E-1選手権は東京五輪へのサバイバルに…森保監督「力を発揮できなければ、競争に生き残れない」

12月4日(水)15時10分 サッカーキング

E-1選手権に招集された東京五輪世代の小川航基 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 日本サッカー協会(JFA)は4日、 EAFF E-1サッカー選手権 2019に挑む日本代表22名を発表した。招集されたメンバーは全て国内組で、10名が代表初選出となった。さらに目立ったのは、東京五輪世代の多さだ。田中碧(川崎フロンターレ)や小川航基(水戸ホーリーホック)ら、来年の東京オリンピック出場を目指すU−22の選手が多く名を連ねた。

 招集の経緯について森保一監督は、「彼らは東京オリンピック経由でカタール・ワールドカップ出場、その後の戦力になる選手だと思っています。ここで経験値を上げてもらうことが後々の成果になると思っています」とコメント。東京五輪はもちろん、その後を見据えた選考であることを説明した。

 また、「こういう大会で力を発揮できなければ、競争に生き残っていけないということを認識してほしい」と、同大会が代表生き残りへのサバイバルであることを強調した。

 E-1選手権は韓国で開催され、日本は12月10日に中国代表と、14日に香港代表と、18日に韓国代表と対戦する。

サッカーキング

「東京五輪」をもっと詳しく

「東京五輪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ