モウリーニョ監督の古巣凱旋試合! マンU対トッテナムについて、知っておきたい7つのこと

12月4日(水)19時41分 サッカーキング

 4日に行われるプレミアリーグ第15節では、9位のマンチェスター・Uが5位トッテナムを本拠地オールド・トラフォードに迎える。両チームの勝ち点差はわずか2ポイント。ジョゼ・モウリーニョ監督の凱旋試合としても大きな注目を集める今回の一戦について、知っておきたい7つのトピックを紹介する。

■361日ぶりの古巣凱旋

この試合最大の主役はもちろん、トッテナムを率いるモウリーニョ監督だろう。昨年12月までマンチェスター・Uの指揮を執っていた名将が、オールド・トラッフォードに帰還するのは361日ぶりのこと。解任前最後のホームゲームとなった、昨年12月8日のフルアム戦以来のことになる。11月20日から率いるトッテナムでは、プレミアリーグ2連勝スタートを達成。このマンチェスター・U戦に勝てば、クラブ史上初めて、イングランド1部リーグで就任から3連勝を飾った監督となる。古巣対戦となるが、前日会見では「マンチェスター・Uはもう過去のことだ」と話すなど、勝負に徹する姿勢を示している。

■モウリーニョはマンUが得意
そのモウリーニョ監督は、マンチェスター・U戦を得意にしている。これまで公式戦で20回対戦し、9勝8分け3敗。これまでの監督キャリアで20回以上対戦したチームとしては、アーセナル(2敗)に次いで2番目に敗戦数が少ない。今から14年前、チェルシー監督時代の2005年5月には、オールド・トラッフォードで3−1の勝利を収めた。今夜の試合に勝てば、異なる2つのチームを率いてオールド・トラッフォードで白星を挙げることになり、マーティン・オニール氏(元アイルランド代表監督)やラファエル・ベニテス氏(現・大連一方監督)に続いて、プレミアリーグ史上3人目の快挙を達成する。

■マンUはトッテナムの天敵
モウリーニョ監督はマンチェスター・Uを得意としているが、トッテナムは“赤い悪魔”との相性が悪い。プレミアリーグで戦った過去54試合の成績は、9勝11分け34敗。実はプレミアリーグで最も負けている相手がマンチェスター・Uなのだ。さらにオールド・トラフォードもトッテナムにとっては“鬼門”。通算成績は3勝3分け21敗と、プレミアリーグで最も敗戦を喫しているスタジアムである。昨シーズンはマウリシオ・ポチェッティーノ前監督のもと、オールド・トラッフォードで3−0の完封勝利を収めたが、今回はどんな結果になるだろうか。

■トッテナムは内弁慶
トッテナムは今年、敵地で苦戦を強いられてきた。モウリーニョ監督が就任するまで、プレミアリーグのアウェイ戦はわずか2勝。新体制の初陣となったウェストハム戦の勝利(3−2)は、敵地で10カ月ぶりとなる白星だった。アウェイゲームは現在14試合連続失点中。1979年以降でのクラブワースト記録となっている。勝者のメンタリティーを持つモウリーニョ監督の就任で、内弁慶を克服できるのか。マンチェスター・U戦は、その試金石となる。

■スールシャールは正念場

マンチェスター・Uにとっても、ここが正念場となる。今シーズンのプレミアリーグは、4勝6分け4敗。リーグ開幕14試合で勝ち点18は、1988−89シーズン以来、31年ぶりの低成績である。オーレ・グンナー・スールシャール監督の責任を問う声は日々高まっており、英国の大手ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』が発表する“解任予想オッズ”は5.0倍と、エヴァートンのマルコ・シウヴァ監督(1.4倍)に次いで2番目に高い。プレミアリーグでは、この1週間の間にアーセナルとワトフォードで監督解任が発表されており、トッテナム戦の結果次第ではスールシャール監督の去就にも影響が出るかもしれない。

■両10番に注目

ピッチ上で最も大きな注目を集めるのは、両10番だろう。マンチェスター・Uのマーカス・ラッシュフォードは、リーグ戦ここまで7ゴール4アシストを記録。調子の上がらないチームで一人、気を吐いている。今年1月の前回対戦でも決勝点を奪っており、敵将となったモウリーニョの前でも活躍が期待される選手だ。一方、トッテナムのハリー・ケインは12月を得意とする。プレミアリーグ通算132ゴールのうち、最多の23ゴールを“師走”に挙げているのだ。“モウリーニョ・マジック”によって復調の兆しを見せるデレ・アリや好調をキープするソン・フンミンもカギを握る選手だが、やはりエースの爆発なくして勝利は近づかない。イングランド代表ストライカー同士の意地とプライドをかけた戦いにも要注目だ。

■予想オッズは?
日本時間4日正午現在、『ウィリアム・ヒル』はマンチェスター・Uの勝利に「2.60倍」、トッテナムの勝利に「2.70倍」、ドローに「3.40倍」というオッズを付けている。不安定な戦いを続けるマンチェスター・Uと、監督交代後から勢いに乗るトッテナムの対決ということで、オールド・トラフォードが舞台ながら、ほぼ互角の予想となった。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得のためにも、絶対に負けられない一戦を制するのは果たしてどちらか。いずれにせよ、好ゲームになること請け合いだ。

(記事/Footmedia)

サッカーキング

「モウリーニョ監督」をもっと詳しく

「モウリーニョ監督」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ