【ヤクルト】来季2年目の中山は微増で初の契約更改「来年は30本打てるように」

12月4日(水)16時9分 スポーツ報知

契約更改を終えたヤクルト・中山

写真を拡大


 ヤクルト・中山翔太外野手(23)が4日、都内で契約更改交渉に臨み、200万円増の年俸1500万円でサインした。

 昨秋のドラフトで法大からドラフト2位で入団。1年目の今季は開幕1軍は逃したが、35試合に出場し、打率2割8分9厘、5本塁打、14打点。6月にはクリーンアップも務めた。「満足してないので、もっといっぱい試合に出て打ちたいです。試合数とか打席内容、全部満足してないです。来年は30本、ホームラン打てるように頑張ります」と意気込んだ。

 年始は青木のロサンゼルス合同自主トレに初参加。「素直にうれしかったです。野球に対する取り組み方など全部聞いてみたいです」と目を輝かせた。

スポーツ報知

「ヤクルト」をもっと詳しく

「ヤクルト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ