昨年Vの小平智「調子はだいぶ良い。自分に期待」地元での連覇へ自信たっぷり

12月4日(水)17時35分 スポーツ報知

1番で打球を見上げる小平智(左)

写真を拡大


 男子プロゴルフツアー最終戦、日本シリーズJTカップは5日から4日間、東京・稲城市の東京よみうりカントリークラブ(CC、7023ヤード、パー70)で行われる。4日は同コースでプロアマ戦が行われ、昨年大会覇者で7年連続7度目出場の小平智(30)=Admiral=が連覇に自信を見せた。3人によるプレーオフを制した昨年を振り返り、「最終日まで優勝を狙える位置ではなかったんですけど、追い上げられて優勝できたのは自信になりました」とうなずいた。

 昨年はプロアマ戦と本戦のW優勝を飾ったが、今年のプロアマ戦は13位に終わり、吉兆再びとはならなかった。それでも「調子はだいぶ良いです。ショットも良いし、アプローチ、パターも悪くないので、自分に期待しています」と自信はたっぷりだ。今大会終了後のオフには全英覇者の渋野日向子(21)=RSK山陽放送=と、夫人の古閑美保さん(37)を交えた食事会も開催される予定で「小平がごちそうするのか?」という問いに対しては「どうなんですかね? おごってもらいます!」とニヤリ。食事会が自身の祝勝会となるように「出るからには優勝を狙っている。地元というのもあって、応援しに来てくれる人もいっぱいいるので、その中で良いプレーを見せたいなと思います」と力強く話した。

スポーツ報知

「小平智」をもっと詳しく

「小平智」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ