【西武】守護神・増田は9000万円増の1億9000万円、単年契約でサイン 来季FA権取得見込みも「1年1年勝負していく気持ち」

12月4日(水)16時52分 スポーツ報知

契約更改交渉を終えて会見した増田達至

写真を拡大


 西武の増田達至投手(31)が4日、所沢市内の球団事務所で契約更改に臨み、9000万円増の1億9000万円でサインした(金額は推定)。

 守護神として、選手会長としてリーグ連覇に大きく貢献した1年だった。今季は防御率1点台を守り、自己最多の30セーブ。チームの課題と言われ続けてきたブルペン陣を支えた。昨季は不調で2軍落ちも経験。今季は十二分の役割を果たし、「自分の中でも良いシーズンだった」と納得の表情だった。

 来季は選手会長を森友哉捕手(24)に引き継ぐ。「チームが若くなっていくので、若い人に託してチームの顔でもある選手に託した」と話した。来季中に取得の見込みのFA権については「来シーズン1年やらないとFA取っても意味がない。1年1年勝負していく気持ちで」と、まずはリーグ3連覇に集中する。

スポーツ報知

「西武」をもっと詳しく

「西武」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ