巨人 前日本ハムの田中豊樹、前楽天の八百板卓丸と育成契約

12月4日(水)16時8分 スポーツニッポン

日本ハム時代の田中豊樹投手

写真を拡大

 巨人は4日、前日本ハムの田中豊樹投手(26)、前楽天の八百板卓丸外野手(22)と育成契約を結んだことを発表した。背番号は、田中が「018」、八百板が「009」となる。

 田中は日本文理大から15年にドラフト5位で日本ハムに入団。今季は1軍登板がなく、戦力外通告を受けてトライアウトに参加していた。「早くチームに溶け込んで、支配下になって一軍の戦力になれるよう頑張ります。強いストレートで球場の雰囲気を変えるような投球をしたいです」と意気込んだ。

 八百板は聖光学院高から14年の育成選手ドラフト1位で楽天に入団。17年7月に支配下登録されるも今季は1軍での出場がなかった。「子どものころからテレビで巨人戦を見ていて、家族も巨人ファンです。リーグ優勝をした強いチームに入団出来て光栄です。バッティングをアピールして支配下になり、一軍で貢献したいです」とコメントした。

スポーツニッポン

「日本ハム」をもっと詳しく

「日本ハム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ