楽天ドラ1辰己 700万円アップでサインも辛口自己評価「実力がなかったと認識」

12月4日(水)12時48分 スポーツニッポン

人生初の契約更改交渉を終え、来季の目標を記した色紙を手にする楽天・辰己

写真を拡大

 楽天の辰己涼介外野手(22)が4日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、700万円増の年俸2200万円でサインした。ドラフト1位で入団し、1年目の今季は124試合に出場。打率・229、4本塁打、25打点、13盗塁という成績だった。「良い経験はできたけど、成績は残せなかった。挫折したと思っている。全てにおいて能力を発揮できなかったし、実力がなかったと認識している」と自己評価は辛口だった。

 来季から背番号が「7」から「8」に変更されることが決まった。アマチュア時代に背負っていた背番号で「学生時代につけていたので愛着はあるし、好きな番号。(引退した)今江さんの番号を引き継ぐことになる。楽天の8番を伝説の番号にしていきたい」と意気込みを語った。

 2年目に向けては「まずは開幕スタメン。守備は無失策、30盗塁以上、2桁本塁打を打って、出塁率は4割を目指したい」と具体的な目標を掲げた。(金額は推定)

スポーツニッポン

「楽天」をもっと詳しく

「楽天」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ