J1得点ランクトップ、横浜M仲川を初招集…東アジアE—1選手権

12月4日(水)17時27分 読売新聞

 日本サッカー協会は4日、韓国で10〜18日に開催される東アジアE—1選手権に臨む日本代表22人を発表した。すべて国内組で、J1得点ランキングでトップタイの15得点を挙げている27歳のMF仲川(横浜M)ら10人が初招集された。

 初選出10人のうち、MF遠藤(横浜M)や田中(川崎)ら9人は、1997年以降に生まれた東京五輪世代。すでに代表デビューをしているFW上田(鹿島)やGK大迫(広島)らも選ばれ、東京五輪世代は12人にのぼった。

 E—1選手権で日本は、10日に中国、14日に香港、18日に韓国と対戦する。森保監督は「東アジアのチームと、威信をかけた戦い。参加選手たちの刺激が波及し、日本全体のレベルアップにつながればうれしい」と語り、東京五輪世代には「ここで経験値を上げてもらうことが、後々の大きな成果につながっていく」と期待を寄せた。

 メンバーは次の通り。

▽GK 中村航輔(柏)、小島亨介(大分)、大迫敬介(広島)▽DF 佐々木翔(広島)、室屋成(F東京)、三浦弦太(G大阪)、畠中槙之輔(横浜M)、◎渡辺剛(F東京)、◎古賀太陽(柏)▽MF ◎仲川輝人(横浜M)、大島僚太(川崎)、橋本拳人(F東京)、鈴木武蔵(札幌)、井手口陽介(G大阪)、◎相馬勇紀(鹿島)、◎森島司(広島)、◎田中駿汰(大体大)、◎遠藤渓太(横浜M)、◎田中碧(川崎)▽FW ◎小川航基(水戸)、上田綺世(鹿島)、◎田川亨介(F東京)

◎は初招集

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「横浜M」をもっと詳しく

「横浜M」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ