【F1アブダビテスト2日目・タイム結果】トロロッソ・ホンダのガスリーが最多周回&4位。アルボンも約140周を走行

12月5日(木)6時24分 AUTOSPORT web

 アブダビでのF1タイヤテストが2日目最終日を迎えた。全10チーム11人のドライバーが走行するなか、最速タイムを出したのはメルセデスで走行したジョージ・ラッセルだった。


 2019年タイヤと2020年用にピレリが開発したタイヤの比較を行うテストがヤス・マリーナ・サーキットで開催された。12月4日、メルセデスはW10をウイリアムズに所属するジュニアドライバーのラッセルに託した。ラッセルは前日のバルテリ・ボッタスのタイムには及ばないながら、テスト2日目のトップタイム1分37秒204を2020年C5タイヤでマークした。

2019年F1アブダビテスト ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2019年F1アブダビテスト ジョージ・ラッセル(メルセデス)


 フェラーリのシャルル・ルクレールが2番手に続いたものの、ルクレールは午後にクラッシュを喫し、走行を切り上げることになった。

2019年F1アブダビテスト シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2019年F1アブダビテスト シャルル・ルクレール(フェラーリ)


 ホンダ勢からは、レッドブルのアレクサンダー・アルボンとトロロッソのピエール・ガスリーが参加。アルボンは2019年C4タイヤでの1分39秒181で7番手、ガスリーはこの日の最多周回146周を走るなかで、1分38秒166を2020年C5タイヤで出して4番手となった。

2019年F1アブダビテスト アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1アブダビテスト アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)


 この日は2020年にF1にデビューするニコラス・ラティフィが今週のテストで初めてウイリアムズで走行。また、ルノーでF1復帰を果たすエステバン・オコンが2日連続で参加した。ハースはテストドライバーのピエトロ・フィッティパルディを起用、ウイリアムズは前日に引き続き、元F2ドライバーのロイ・ニッサニーに走行の機会を与えた。


■アブダビF1タイヤテスト2日目・タイム結果(2019年12月4日)
























































































PosDriverTeamTime(tyre)Laps
1ジョージ・ラッセルメルセデス1’37.204(2020年C5)145
2シャルル・ルクレールフェラーリ1’37.401(2019年C5)103
3ランス・ストロールレーシングポイント1’37.999(2020年C5)132
4ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’38.166(2020年C5) 146
5カルロス・サインツJr.マクラーレン1’38.729(2020年C5)112
6エステバン・オコンルノー1’38.950(2019年C4)128
7アレクサンダー・アルボンレッドブル・ホンダ1’39.181(2019年C4)139
8ピエトロ・フィッティパルディハース1’39.682(2019年C5)135
9アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1’39.811(2020年C5)115
10ニコラス・ラティフィ(午後)ウイリアムズ1’40.188(2020年C4)107
11ロイ・ニッサニー(午前)ウイリアムズ1’43.892(2020年C4)38


※C1が最も硬く、C5が最も軟らかいコンパウンド


AUTOSPORT web

「ホンダ」をもっと詳しく

「ホンダ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ