オリックス榊原1150万円増「来年につなげたい」

12月5日(木)12時6分 日刊スポーツ

契約更改後の会見に臨むオリックス榊原

写真を拡大


ヨシノブに追いつき追い越せ!! オリックス榊原が5日、大阪・舞洲の球団施設で契約交渉に臨み、1150万円増の年俸1900万円でサインした。昨季開幕前に育成から支配下登録され、3年目の今季は開幕ローテーションに入り、プロ初勝利など3勝をマークした。
アップ率153%は期待の裏返しだが表情を引き締める。「本当は最後まで、山岡さんと(山本)由伸と競い合いたかったですが離脱してしまって悔しい」。夏は右肩痛を発症し、約2カ月半、1軍で投げられなかった。先発陣の両輪だった同期の2人に後れを取り、満足感はなかった。
特に同い年の山本は今季、先発でブレイクし、防御率1・95で最優秀防御率のタイトルに輝いた。「スゴイですけど、普段は仲がいい。本当についていかなきゃという思いが強い。追い越したいというのはあります。本当に追いついていきたい。数字が近ければいい」とライバル心を燃やす。来季は確固たる地位を築くつもりだ。制球力向上を課題に掲げ「一番は規定投球回にいきたい」と気合を入れた。(金額は推定)【酒井俊作】

日刊スポーツ

「オリックス」をもっと詳しく

「オリックス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ