2億円到達の西武森、捕手では城島上回る最年少記録

12月5日(木)6時0分 日刊スポーツ

2億円で契約を更改した西武森(撮影・たえ見朱実)

写真を拡大


MVP男が2億円を勝ち取った。西武森友哉捕手(24)が4日、埼玉・所沢での契約交渉を行い、今季年俸8000万円から倍増以上となる、1億2000万円アップの2億円でサインした。(金額は推定)
▼来季7年目の西武森が2億円で契約更改した。年俸2億円に到達した捕手は史上7人目。捕手の25歳シーズンは02年城島健司(ダイエー)の26歳を上回る最年少となった。
西武の野手で7年目の2億円到達は17年秋山翔吾に並ぶ球団最速。西武の高卒野手では01年松井稼頭央の8年目を上回り最速になる。

日刊スポーツ

「西武」をもっと詳しく

「西武」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ