【阪神JF 中内田調教師に聞く】2頭出しで連覇へ!リアアメリア&クラヴァシュドールともに好感触

12月5日(木)7時1分 スポーツ報知

軽やかなフットワークのリアアメリア

写真を拡大


◆阪神JF追い切り(4日・栗東トレセン)

 —リアアメリアは2連勝でアルテミスSを制覇。その後の調整は?

 「2戦目で上手に走ってくれて内容も良かったです。育成段階から評判馬で素晴らしい馬だと思っていました。厩舎で調整して順調です」

 —最終追い切りは栗東・CWコースを単走で余力十分の手応えで走って4ハロン55秒1—11秒9でした。

 「先週、川田騎手が乗ってしっかりやって、今週は調整程度。4ハロンからやってイメージ通り。状態はいいですね」

 —もう1頭のクラヴァシュドールは坂路で藤岡佑騎手が騎乗し、53秒0—12秒1。絶好の手応えでした。

 「先週、しっかりやっていたのでサラッとのつもりでしたが、思っていた以上に時計が出ました。でも、仕上がりとしては十分。サウジアラビアRC(2着)は着順以外は思っていた通りの競馬。具合はいいですね」

 —中内田師にはダノンファンタジーに続く連覇が懸かります。手応えは?

 「精神面など成長途上だけど、十分に走れる状態です。2頭とも成長カーブは違いますが、それぞれの個性を生かして、どちらもいい競馬を期待しています」

スポーツ報知

「阪神」をもっと詳しく

「阪神」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ