ウィーラー、5年約130億円の今オフ初の大型契約でフィリーズ入り

12月5日(木)7時2分 スポーツ報知

1億ドル超えの大型契約でフィリーズ移籍が決まったウィーラー(ロイター)

写真を拡大


 フィリーズが4日(日本時間5日)、メッツからFAになっていたザック・ウィーラー投手と総額1億1800万ドル(約130億円)の5年契約に合意、と米各メディアが報じた。今オフでは初めての1億ドル超えの大型契約となった。

 29歳のウィーラーは、ゲリット・コール、スティーブン・ストラスバーグと並ぶ今オフFA市場の先発投手としては注目されていた右腕。2009年ジャイアンツの1巡指名でプロ入り。11年7月にメッツにトレードされた。2013年にメジャー昇格、2015年までの3年間は21勝23敗と目立たなかったが、昨年12勝7敗、防御率3・31、今季も11勝8敗、防御率3・96。2年続けて180イニング以上投げた。

 最速98マイル(約158キロ)の速球に多彩な変化球を武器に今季は1951/3で195の三振を奪った。

 フィリーズは今季、先発陣が崩れ、夏場に首位から転落、81勝81敗でナ・リーグ東地区4位で終了。キャプラー監督との契約を1年残しながら閉幕直後に解雇。一昨年までヤンキースを指揮していたジラルディ監督を迎え、12年ぶりの世界一奪回を目指している。

スポーツ報知

「フィリーズ」をもっと詳しく

「フィリーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ