羽生 トリノは「自分の好きな氷。本当に楽しいと思えるくらい」

12月5日(木)5時48分 スポーツニッポン

<グランプリファイナル公式練習>練習中の羽生結弦(撮影・小海途 良幹)

写真を拡大

 ◇5日開幕フィギュアGPファイナル

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは5日(日本時間6日未明)にイタリア・トリノで開幕する。4日に公式練習が行われ、男子で男女シングル史上最多5度目の優勝を狙う14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(24=ANA)は大技4回転ルッツに成功。会場では06年トリノ五輪で金メダルを獲得した荒川静香さん(37)からパワーを注入され、ネーサン・チェン(20=米国)との直接対決へ準備が整った。

 【羽生に聞く】

 ——余裕をもって練習をやっていたが。

 「今日やるべきことはやったかなと。今日の感覚が明日に続くかって言われたら、そうでもないと思っている。またよくなっていくかもしれないし、悪くなっていくかもしれない。いろんなことに注意し、感じ取りながらこの試合を終えられたらなと思う」

 ——4回転ルッツもやっていた。

 「感触がよかった。ループ、サルコーに関しても、トー系のジャンプに関しても凄く感触がよくて、凄い好きだなって思いながら滑っていた」

 ——トリノの氷とのマッチングは。

 「本当に楽しいと思えるくらい好きで。若干、緩いかなとは思うが、そのくらいの方が自分は好き。自分が好きな氷だなって勝手に思いながらやっていました」

 ——コンディション調整が鍵か。

 「今日に限ってはですかね。今日が良ければ全部いいっていうわけではない。細心の注意を払って、機械よりも繊細なので」

スポーツニッポン

「トリノ」をもっと詳しく

「トリノ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ