WTCRに次ぐシリーズ『TCR EU』の2020年カレンダー発表。全7戦でトラックレースとも併催

12月6日(金)14時49分 AUTOSPORT web

 WTCR世界ツーリングカー・カップに次ぐ、TCR規定ツーリングカーのトップシリーズであるTCRヨーロッパの2020年カレンダーが発表された。ラウンド数は2019年と同じく全7戦だが、新たにフランス・ポールリカールとベルギーのゾルダーがカレンダー入りを果たしている。


 2020年のTCRヨーロッパは、2019年にTCR耐久イベントの最高峰として開催された”スパ500″と併催される形で、ベルギーのスパ・フランコルシャンを舞台に4月30日〜5月2日に開幕戦が行われ、シーズンは10月9〜11日のシルクイート・デ・バルセロナ、スペイン・カタルーニャで最終戦を迎える。


「シリーズ本格始動から2年目となった2019年シーズンは、大規模な参加台数とハイクオリティな競技レベルの双方により、このフォーマットが実にうまく機能していることを証明した。そのため、我々としても来季に向け、魅力的なレーストラックでの全7戦開催という部分に非常にこだわったよ」と語るのは、シリーズプロモーターを務めるパウロ・フェレイラ。


「開幕のスパ・フランコルシャンでは、このシリーズとして初めてTCR車両によるエンデュランス・レースとの併催という形態を採る。チームとドライバーの何組かが、長距離レースでの経験を積極的に試してくれることを願っているよ」


 続くシーズン第2戦は5月にオーストリアのレッドブルリンクで開催され、ドイツのオッシャースレーベンで6月末に第3戦が争われる。そして2018年以来のシリーズ復帰となるフランス・ポールリカールは、ELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズと週末をシェアして第4戦のスロットへ。


 第5戦となるベルギーのゾルダーではETRCヨーロピアン・トラック・レーシング・チャンピオンシップのトレーラーヘッドたちの争いが華を添える、サマーブレイク明けの1戦となる。


「もうひとつの重要なトピックはFIA ETRCとのコラボレーションだ。彼らはこれまでもWTCRとのジョイントを経験しているが、毎戦のように大観衆がスタンドを埋めるイベントだけに、TCRヨーロッパ・シリーズとしても大勢のモータースポーツ・ファンの前でレースする新たな機会となるだろう」

2019年シーズンには最終戦の舞台となったイタリア・モンツァは最後からひとつ前のラウンドに移動した
WTCRには参戦していないプジョー308TCRが、最終戦までシリーズタイトルを争った


「また、週末のタイムスケジュールからレース自体のマネジメントまで、すべての面でシリーズを改善することを目的として、スポーティングレギュレーションの改定にも取り組んできた。これに関しても自信を持っている」と続けたフェレイラ。


 2019年シーズンには最終戦の舞台となったイタリア・モンツァは最後からひとつ前のラウンドへと移動し、10月のバルセロナが初年度同様のシーズンフィナーレを飾る。そのモンツァ戦はGTオープンと、バルセロナはSRO主催のブランパンGTシリーズとの併催イベントとなる。


 このカレンダー発表と合わせて改定されたスポーティングレギュレーションでは、従来までのレース時間23分+1ラップから55kmの上限距離制に変更。セーフティカー導入時には最初の2周がレースラップに追加されることになった。さらにオーガナイザーは、シリーズのエントリー上限を30台とすることも併せて発表している。


 また、2019年最終戦でドライバーズチャンピオンの権利を獲得した強豪ターゲット・コンペティションのジョシュ・ファイルズ(ヒュンダイi30 N TCR)が、マシンに搭載されたECUの技術解析検査のため暫定リザルト扱いとされていた問題に関しても、11月中旬にTCRコンセプト・プロモーターのWSC.Ltd.,よりステートメントが出され、「ECUの分析結果により、各種の電子制御は技術規制に準拠していた」として、お咎めなしの裁定が下された。


 この結果、フィナーレから1カ月以上も保留扱いとなっていたファイルズの2019年王座が確定。ドイツ・シリーズ連覇の肩書きに、新たなチャンピオンタイトルが加わることとなった。


「すべての再確認項目のチェックは、TCR技術部門によって徹底的に実施された」と、そのレポートで述べた、WSC代表でTCR規定提唱者のマルチェロ・ロッティ。


「2020年に向けては、各車のECUに新たなソフトウェアが実装され、技術チェックはより迅速かつダイナミックになるだろう。これは新車に共通ECUを採用することで実現すると同時に、各シリーズのテクニカルデリゲートが認定マップへの準拠をすぐに確認するのに、非常に役立つ措置となるだろう」

10月のバルセロナが初年度同様のシーズンフィナーレを飾り、SRO主催のブランパンGTシリーズとの併催イベントとなる
フィナーレから1カ月以上も保留扱いとなっていたジョシュ・ファイルズの2019年王座も確定した


■TCRヨーロッパ・シリーズ2020年カレンダー




















































RoundDayCountryCircuit
14月30〜5月2日ベルギースパ・フランコルシャン
25月15〜17日オーストリアレッドブルリンク
36月26〜28日ドイツオッシャースレーベン
47月17〜19日フランスポールリカール
59月11〜13日ベルギーゾルダー
69月25〜27日イタリアモンツァ
710月9〜11日スペインバルセロナ


AUTOSPORT web

「カレンダー」をもっと詳しく

「カレンダー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ