トヨタ車選出は10年ぶり。復活の『RAV4』日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-20受賞

12月6日(金)14時11分 AUTOSPORT web

 12月6日、東京都江東区にある東京国際交流館で『2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー』の最終選考会が行われ、トヨタが販売するSUV『RAV4』が令和初の日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。トヨタ車の受賞は、第30回2009-2010日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲った3代目プリウス以来、10年ぶりだ。


 そのほかイノベーション部門賞にはニッサン・スカイライン、エモーショナル部門賞にはジープ・ラングラー、スモールモビリティ部門賞には、ニッサン・デイズ/ミツビシeKクロス/eKワゴンが選ばれた。


 1994年に初代が登場したトヨタRAV4は、乗用車タイプのSUVのパイオニア的存在。一時、日本市場での販売は見送られていたが、2019年4月のフルモデルチェンジで、5代目が登場したタイミングで、販売が復活した。

 

“力強さと実用性を兼ね備えた4WD”を開発コンセプトに、外観はダイナミックなデザインでまとめられ、全体的にタフなイメージを放っている。


 フロントフェイスは通常版のほかに、よりパワフルさを主張するため専用フロントグリル&フロントバンパーを採用した『アドベンチャー(Adventure)』グレードも用意し、ふたつのタイプが存在する。


 パワートレインはTNGAプラットフォームで共有される2.0リッター直4直噴エンジン+CVTと2.5リッターハイブリッドの2種類を用意。4WD車には世界初となる“ダイナックトルクベクタリングAWD”を採用するなど、使い手の好みに合わせて3種類の4WDシステムから選択できるラインナップを展開している。


 新型RAV4の受注台数は、2019年4月10日の発売から、およそひと月後の同年5月15日時点で約2万4000台を達成。月間販売目標の3000台を大きく上回る好調さで、その後も人気は継続している。


 また、今秋に開催したロサンゼルス・オートショーでは、RAV4のプラグインハイブリッド車(PHV)である『RAV4プライム』(米国車名・米国仕様)も世界初披露された。RAV4のPHVは、米国および日本では2020年夏、欧州では2020年後半の発売が予定されている。

第40回2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカーに選出された11モデル
第40回2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカーに選出された11モデル
ジープ・ラングラー
ジープ・ラングラー
ニッサン・デイズ
ニッサン・デイズ
ミツビシekクロス
ミツビシekクロス


AUTOSPORT web

「カー・オブ・ザ・イヤー」をもっと詳しく

「カー・オブ・ザ・イヤー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ