ヤマハ・セロー250生産終了。初代を彷彿させるファイナル・エディションが2020年1月15日発売

12月6日(金)14時12分 AUTOSPORT web

 ヤマハは12月5日、オフロードライダーなどに人気のオートバイ『セロー250(SEROW250)』の日本国内向けの生産を終了することを発表。それにあわせて、同モデルの最終仕様となる『セロー250 ファイナル・エディション(SEROW250 FINAL EDITION)』を2020年1月15日から発売するとアナウンスした。


 セローシリーズは、“マシンを操る楽しさ”と“より深く自然の中に入り込める機能”を追求した新しいモデルとして1985年に初代『セロー225』が誕生。


“二輪二足”をキーワードに開発され、優れた足つき性と素直なハンドリング、扱いやすいエンジン特性などが評価され初心者から熟練者まで、幅広いライダーに支持されるオフロードバイクとなった。


 現行の249cc単気筒空冷エンジンを搭載したセロー250は2005年から販売され、現在までマイナーチェンジが繰り返し行われたロングセラーモデルとなっている。


 そんなセロー250が35年間の歴史に幕を下ろし、国内向けモデルの生産を終了することが発表された。


 ロングセラー・オフロードバイクの最後を飾るファイナルエディションは、カラーリングに“原点回帰”をテーマに設定、初代セローを彷彿させる『パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)』と『パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)』の2色が用意された。

セロー250 ファイナル・エディション、パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)/フロントビュー
セロー250 ファイナル・エディション、パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)/フロントビュー
セロー250 ファイナル・エディション、パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)/フロントビュー
セロー250 ファイナル・エディション、パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)/フロントビュー


 また、カラーフレームや燃料タンク上には“FINAL EDITION”のエンブレムが施されるが、このエンブレムは歴史あるセローのファイナルに相応しい、上質さや特別感を強調しているという。


 同モデルは2020年1月15日から発売が開始され、価格は58万8500円(税込)となっている。現時点で販売終了時期などはアナウンスされていないが、人気を博すセロー250の最終モデルということで、気になる方はチェックをお忘れなく。


 ヤマハの熱い思いが込められたセロー250 ファイナル・エディション。その詳細情報はヤマハ公式ホームページ(https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/yamaha-motor-life/2019/12/20191205-001.html)まで。

セロー250 ファイナル・エディション、パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)/左サイドビュー
セロー250 ファイナル・エディション、パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)/左サイドビュー
セロー250 ファイナル・エディション、パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)/右サイドビュー
セロー250 ファイナル・エディション、パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)/右サイドビュー
セロー250 ファイナル・エディション、パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)/左サイドビュー
セロー250 ファイナル・エディション、パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)/左サイドビュー
セロー250 ファイナル・エディション、パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)/右サイドビュー
セロー250 ファイナル・エディション、パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)/右サイドビュー


AUTOSPORT web

「生産」をもっと詳しく

「生産」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ