貴景勝、貴ノ岩に「弟弟子からは、残念ですとしか」

12月6日(木)17時33分 日刊スポーツ

巡業の土俵下で、稽古の様子を見守る貴景勝(中央)

大相撲の冬巡業は6日、大分・別府市で行われ、付け人への暴行が発覚した前頭貴ノ岩と、以前は貴乃花部屋で、現在は千賀ノ浦部屋で弟弟子として過ごした小結貴景勝(22)は、終始神妙な表情で取材に応じた。

暴行については「(付け人の)顔が腫れていたので(暴行があったと)分かった」と話し、暴行については「弟弟子からは、残念ですとしか言えない」と語った。

貴乃花部屋から所属先が変更されて最初の本場所となった、11月の九州場所で初優勝。一丸となって、千賀ノ浦部屋を盛り上げるべき時期に起きた問題だが「僕のことはどうでもいい。早く解決してほしい。自分は相撲を取ることしかできない」と話した。

日刊スポーツ

「貴景勝」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「貴景勝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ