日本代表の夢破れる…またも16強の壁越えられず、PK戦制したクロアチアが準々決勝進出

2022年12月6日(火)2時43分 サッカーキング

PK戦の末に敗退決定 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 FIFAワールドカップカタール2022・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)が5日に行われ、日本代表とクロアチア代表が対戦した。

 初のベスト8以上を目指す日本代表が、前回準優勝のクロアチア代表と対戦。森保一監督はスペイン代表戦からスタメンを3人変更し、冨安健洋や堂安律、遠藤航が先発となった。一方、初優勝を目指すズラトコ・ダリッチ監督は、ベルギー代表戦から先発を2人入れ替え、中盤はマルセロ・ブロゾヴィッチ、ルカ・モドリッチ、マテオ・コヴァチッチのトライアングルが継続となった。

 日本代表は序盤にショートコーナーから決定機。右から遠藤が送ったクロスに谷口彰悟が頭で合わせたが、惜しくも枠を外れた。一方、8分には冨安が自陣の深い位置でボールロスト。イヴァン・ペリシッチにシュートまで持ち込まれたが、GK権田修一が防いだ。

 その後はクロアチア代表がボールを握る展開に。30分頃には4本連続でクロスを上げられるなど苦しい時間帯もあったが、集中した守りで跳ね返す。前半途中からは日本代表もポゼッションを盛り返し、41分にはチャンス到来。左サイドの深い位置で粘った前田大然がボールをつなぎ、ペナルティエリア手前から遠藤がスルーパスを供給。抜け出した鎌田大地がペナルティエリア左で相手をかわしてからシュートを放ったが、枠に飛ばす事はできなかった。

 試合の均衡が破れたのは43分、日本代表が今大会で初めて先制に成功した。右コーナーキックを獲得し、ショートコーナーを選択。伊東純也のリターンパスを受け取った堂安がゴールに向かう鋭いクロスを送ると、吉田麻也が足を伸ばして折り返し、ゴール前の前田が反応して押し込んだ。前田の今大会初ゴールで日本代表が1点リードで折り返す。

 しかし後半序盤にクロアチア代表が試合を振り出しに戻す。デヤン・ロヴレンがピンポイントのアーリークロスを送り、ゴール前でマーカーを外したペリシッチが頭で合わせてゴール右下へと流し込んだ。ペリシッチは3大会連続ゴールとなった。

 失点直後、遠藤が狙い澄ましたミドルシュートを放ったものの、これは相手GKドミニク・リヴァコヴィッチに防がれる。一方、63分にはモドリッチに鋭いミドルシュートを放たれたが、これに対しては権田がファインセーブを披露した。

 時計の針が進むにつれてお互いに疲労の色が濃くなるが、守備では集中を切らさない。90分間で決着はつかず、試合は今大会初めて延長戦に突入する。

 延長戦もこう着状態が続くなか、延長前半終盤に三笘薫が見せ場を作る。自陣でボールを受けると、そのまま得意のドリブルでペナルティエリア手前まで侵入。右足を振り抜いたが、コースを狙うことはできず、相手GKリヴァコヴィッチの正面。延長後半は日本代表がクロアチア代表に揺さぶられる苦しい展開となるが、耐え切って得点生まれず。勝負の行方はPK戦に委ねられた。

 先行を取った日本代表は、南野拓実が1人目のキッカーを担当したが、コースを読まれて止められる。後攻のクロアチア代表は1人目のニコラ・ヴラシッチが左に突き刺して成功。さらに日本代表は2人目の三笘もコースを読まれて失敗すると、クロアチア代表は2人目のブロゾヴィッチも成功する。日本代表は3人目の浅野拓磨が成功すると、クロアチア代表は3人目のマルコ・リヴァヤが左のポストに当てて失敗。しかし、日本代表は4人目の吉田麻也もコースを読まれると、クロアチア代表は4人目のマリオ・パシャリッチが決めて勝負あり。日本代表はまたしてもベスト16の壁を越えることはできなかった。

 準々決勝は日本時間9日24時(10日0時)から行われ、クロアチア代表はブラジル代表vs韓国代表の勝者と対戦する。

【スコア】
日本代表 1−1(PK戦:1−3) クロアチア代表

【得点者】
1−0 43分 前田大然(日本代表)
1−1 55分 イヴァン・ペリシッチ(クロアチア代表)

【スターティングメンバー】
日本代表(3−4−2−1)
権田修一;冨安健洋、吉田麻也、谷口彰悟;伊東純也、遠藤航、守田英正(106分 田中碧)、長友佑都(64分 三笘薫);堂安律(87分 南野拓実)、鎌田大地(75分 酒井宏樹);前田大然(64分 浅野拓磨)

クロアチア代表(4−3−3)
リヴァコヴィッチ;ユラノヴィッチ、ロヴレン、グヴァルディオール、バリシッチ;ブロゾヴィッチ、モドリッチ(99分 マイェル)、コヴァチッチ(99分 ヴラシッチ);クラマリッチ(68分 パシャリッチ)、ペトコヴィッチ(62分 ブディミル、106分 リヴァヤ)、ペリシッチ(106分 オルシッチ)


【ゴール動画】前田大然が先制点もペリシッチが同点弾

サッカーキング

「優勝」をもっと詳しく

タグ

「優勝」のニュース

「優勝」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ