プジョーの新世代SUV『3008/5008』に特別仕様車”CROSSCITY”登場

12月7日(金)5時16分 AUTOSPORT web

 プジョーの新世代モデルとして、それまでのピープルムーバー路線から大胆な変貌を遂げたミドルクラスSUV『プジョー3008』と、その7人乗りバージョンとなる『5008』に、オン・オフ双方でより上質なドライビングを楽しめることをコンセプトとして、機能と装備を充実させた特別仕様車“CROSSCITY(クロスシティ)”が登場。11月29日より発売が開始されている。


 2017年3月の日本導入以来、国内市場のプジョー・ラインアップでトップセラーモデルとなっている『3008』は、主力ハッチバックとなる『308』などと同様、高い評価を受けるモジュラープラットフォーム“EMP2”を採用。


 1.6リッターの直噴4気筒ガソリンターボや同1.6、2.0のクリーンディーゼルを導入するのに加え、先の改良では最新の8速ATを採用するなど、都会的な洗練されたスタイリング、パワフルかつ省燃費な走り、各種先進安全装備、そして乗り心地の良さなどにさらなる磨きが掛けられた。


 以前にも弟分となる『2008』の特別仕様車にも採用された名称となる今回のCROSSCITY(クロスシティ)は、その『3008』の1.6リッター直噴4気筒ガソリンターボ(165PS/240Nm)モデルをベースに、悪路走破性をさらに高めるヒルディセントコントロール付の“アドバンスドグリップコントロール”を追加装着。


 その能力に合わせ、18インチマッド&スノータイヤにコンパスをモチーフとした“CROSSCITY”エンブレムとBピラーステッカー、クロームドアミラーなどを採用し、上質なスタイリングに仕上げられた。

今回の特別仕様車は1.6リッターの直噴4気筒ガソリンターボ(165PS/240Nm)搭載モデルがベースに
悪路走破性をさらに高めるヒルディセントコントロール付の”アドバンスドグリップコントロール”を追加装着
“ファーストクラスパッケージ”で好評を博したアルカンタラ&テップレザーシートにグリーン系ステッチを追加


 インテリアや快適装備などの機能面でも、運転席電動シー&マルチポイントランバーサポート、フロントシートヒーター付きアルカンターラ&テップレザーシートを筆頭に、グリーン系ステッチを施したインテリア、アルミペダル、フロントドアステップガード、ハンズフリー電動テールゲートなど、多くの専用装備を追加している。


 これらの仕様は同じく、720リッターのラゲッジスペースとフレキシブルに活用できる格納式3列シートを備えた『5008』にも採用されており、ミニバンとは違ったファミリーユースを想定するユーザーからの高い注目度が予想される。


 ボディカラーはアルタンス・グレー、パール・ホワイト、エメラルド・クリスタル、ビアンカ・ホワイトの4色展開で全車右ハンドル仕様となり、価格は『3008』が405万円、『5008』が430万円。パノラミックサンルーフ仕様がともに15万円高で用意されている。

7人乗りバージョンとなる『5008』も”アドバンスドグリップコントロール”や18インチマッド&スノータイヤを装着
3列目シートを畳めばクラストップレベルの広大なラゲッシスペースが出現する
両車ともに”CROSSCITY”エンブレムと左右Bピラーステッカー、CROSSCITYコンパスロゴが特別装着される


プジョーコール TEL:0120-840-240


AUTOSPORT web

「プジョー」をもっと詳しく

「プジョー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ