ケン・ブロック主催の『ジムカーナ・グリッド』で、初参戦の斎藤太吾がRWDクラス優勝

12月7日(金)11時57分 AUTOSPORT web

 12月1日、南アフリカのヨハネスブルグで行われた『ジムカーナ・グリッド』のRWDクラスで、初参戦の斎藤太吾が優勝。AWDクラスはヨハン・クリストファーソンが制した。


 ケン・ブロックが考案し、2011年に初開催されたジムカーナ・グリッド。左右対称のジムカーナコースを2台のマシンが同時に走行し、両サイドを入れ替えた後ふたたび走行、その合算タイムを競い合うというもの。4輪駆動車によるAWDクラスと後輪駆動車によるRWDクラスの2つが設けられている。


 2年連続でWorldRX世界ラリークロス選手権を制したクリストファーソンや、2003年のWRC世界ラリー選手権チャンピオンのペター・ソルベルグ、その息子であるオリバー・ソルベルグなど、有名ドライバーが多数参戦した。


 そんなジムカーナ・グリッドのRWDクラスに、D1GPで活躍中の斉藤が初参戦。斉藤がD1GPで使用しているモンスターのカラーリングが施されたシボレー・コルベットを持ち込んだ。


 練習走行でトップタイムを連発していた斉藤は、決勝トーナメントを順当に勝ち進んでいく。決勝戦ではライバルのジェイソン・ウェブに約10秒の差をつけ見事優勝。圧倒的な強さで初参戦のジムカーナ・グリッドを制してみせた。


「自分とコルベットの速さを証明するためにジムカーナ・グリッドに参加して、きちんとやり遂げることができました」と斉藤は語る。


「クルマのトラブルで最後まで走りきれるか不安でした。最初はデフが壊れてしまい、自分で空き缶を切って挟んで修理したし、レース本番の朝にはハンドブレーキも壊れて途方に暮れました」


「でも(決勝で対戦した)ジェイソン・ウェブのお父さんが助けてくれました。地元に精通した彼の知恵を借りることができたからこそ、最後までレースを続けることができました」


 また、AWDクラスはWorldRX世界ラリークロス選手権チャンピオンのクリストファーソンが2017年に続き優勝。決勝戦ではWorldRXでチームメイトであるペター・ソルベルグと激闘を繰り広げた。


「2年連続で優勝を収めることができて幸せだよ」とクリストファーソン。


「ペターとのバトルでは、(1回目の走行で)ペターが良いタイムを出したおかげで、喉が渇くほど緊張したよ。チームのみんなに深く感謝したい。自分のクルマと走る今シーズン最後のレースだったんだ。2年連続のWorldRXチャンピオンを獲得し、2年連続でジムカーナ・グリッド勝利。これ以上なにか望むことがあるかな?」

2年連続WorldRXチャンピオンのクリストファーソン。ジムカーナ・グリッドも2連覇
ペター・ソルベルグはオリバーと対戦、親子対決を繰り広げた
ジムカーナ・グリッドを考案したケン・ブロック
初参戦でRWDクラス優勝を飾った斎藤太吾
ジムカーナ・グリッド表彰式の様子



AUTOSPORT web

「優勝」をもっと詳しく

「優勝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ