「少しでも早く行きたい」。井手口陽介、欧州挑戦の意欲を隠さず

12月7日(木)21時5分 フットボールチャンネル

 EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会に参加する日本代表は7日、都内で練習を行った。MF井手口陽介は、海外挑戦の意欲を強めている様子だ。

 イングランド2部のリーズからの関心が噂されている井手口。ヨーロッパ移籍の可能性について問われると「行けばよりいろんな刺激をもらえて、少しでも成長できる場所だと思う」とし、「未来に関して話すんやったら、少しでも早く行きたいです」と、興味があることを認めている。

 しかし、来年はワールドカップ(W杯)イヤー。1月の移籍は代表の座に影響があるかもしれない。ただ、それは一般的な意見で、井手口の考えは違うようだ。

「それは人が意見を言うことなので。自分が思ったことを突き通してやっていければ一番いいかなと思います」

 今大会の初戦の相手は北朝鮮。「今日の昼に見たばっかりなので、あまり詳しくないですけど」と井手口は前置きし、「球際は激しくくると思うし、チーム全員でホントにアグレッシブに戦ってくるという印象です」と語った。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

井手口陽介をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ