J2岐阜が28歳のガボン代表MF獲得。川島永嗣の元同僚、仏1部でもプレー

12月7日(金)16時39分 フットボールチャンネル

 J2のFC岐阜は7日、ガボン代表MFフレデリック・ビュロを完全移籍で獲得することが決定したとして発表を行った。登録名は「フレデリック」となる。

 28歳のフレデリックはフランス出身。U-21など各年代のフランス代表でプレーしたあと、ルーツを持つガボンのA代表を選択し、2014年に同国代表にデビューした。Jリーグ初のガボン人選手となる。

 モナコの下部組織出身であり、2010年にトップチームにデビュー。その後フランス1部のカーン、ベルギー1部のスタンダール・リエージュ、イングランド2部のチャールトン、フランス1部のスタッド・ランス、フランス2部のトゥールでプレーした。スタンダール時代にはGK川島永嗣(現ストラスブール)ともチームメートだった。

「ヨーロッパリーグでのプレー経験が豊富であり、高いテクニックを持つ左利きのミッドフィルダー。チャンスメイク能力が高く、攻撃にアクセントを加える」と岐阜はフレデリックについて紹介している。

「FC岐阜の新たな冒険の一員になることができ、大変光栄に思います。新しいリーグと興味深い日本の文化を非常に楽しみにしています。また、ファン・サポーターの皆さんと勝利の喜びを分かち合うことを楽しみにしていますし、皆さんの声援がチームのエネルギーとなると信じています」と選手本人はコメントしている。

フットボールチャンネル

「川島永嗣」をもっと詳しく

「川島永嗣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ