リバプールの英代表DFが左足骨折。6週間離脱の見通しに

12月7日(金)19時2分 フットボールチャンネル

 リバプールは6日、同クラブに所属するイングランド代表DFジョー・ゴメスが左足を骨折したとして、最大6週間の離脱を強いられる見通しであると発表した。

 ゴメスは現地時間5日に行われたプレミアリーグ第15節のバーンリー戦で負傷。前半23分での交代を余儀なくされていた。

 左足の骨折が確認されたゴメスは最大6週間の離脱となる見通し。だが「治療やリハビリのプログラムの進行次第」で欠場期間は変動する可能性があるとクラブは伝えている。

 ゴメスはリバプール加入1年目の2015年に前十字靭帯に重傷を負い、約15ヶ月の長期離脱を強いられた。復帰後にはイングランド代表デビューも果たしたが、ロシアワールドカップ出場も負傷のため逃した。今季はレギュラーとしてプレミアリーグで15試合中13試合に出場(先発12回)していた。

フットボールチャンネル

「骨折」をもっと詳しく

「骨折」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ