宇野昌磨2位発進 GPファイナルSP

12月7日(木)20時19分 日刊スポーツ

男子SPの演技を披露する宇野(撮影・河野匠)

写真を拡大


フィギュアスケートGPファイナル>◇7日◇名古屋・日本ガイシホール◇男子SP

 GPファイナル3年連続出場の宇野昌磨(19=トヨタ自動車)は、SP101・51点で2位発進となった。
 首位は103・32点でネイサン・チェン(18=米国)。3位にミハイル・コリャダ(22=ロシア)が99・22点でで入った。
 宇野は冒頭4回転フリッツは難なく着氷。後半の4回転トーループ−3回転トーループはミスなく着氷。しかしトリプルアクセルでの着氷の際にエッジが滑り転倒した。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

宇野昌磨をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ