須本光希SPで自己ベスト「雨にうたえば」軽やかに

12月7日(木)17時36分 日刊スポーツ

ジュニア男子SP、満足のいく演技を披露し、ガッツポーズを見せる須本(撮影・河野匠)

写真を拡大


フィギュアスケートジュニアGPファイナル>◇7日◇名古屋市ガイシプラザ◇男子ショートプログラム(SP)

 ジュニア日本男子の須本光希(16=大阪・浪速高)が、自己ベストの77・10点で3位発進した。
 「この大会に向けて、しっかり練習してきた」という冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めるなど、3つのジャンプを見事にそろえ、「雨にうたえば」を軽やかに演じきった。
 須本は「緊張はなくて、気持ちよく滑れました。日の丸が見えて、夢のような感じでした」と充実の表情で振り返り、翌8日のフリーに向け「気持ちを切り替えて、お客さんの心に残る演技をしたい」と話した。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ジュニアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ