大谷同僚が交通事故死、同乗の元横浜カスティーヨも

12月7日(金)15時42分 日刊スポーツ

バルブエナ(右)に抱き寄せられるエンゼルス大谷(2018年4月29日)

写真を拡大


エンゼルス大谷翔平投手(24)の同僚だったルイス・バルブエナ内野手(33)が母国ベネズエラで交通事故死したと、米メディアが7日伝えた。
10、11年に横浜(現DeNA)とロッテでプレーしたホセ・カスティーヨ元内野手(37)、元ヤクルトのカルロス・リベロ内野手(30)も同乗しており、カスティーヨも死亡し、運転していたリベロは重体だという。
報道によると3人はベネズエラ冬季リーグのバルキシメト・カージナルスでプレーしており、6日に約360キロ離れた遠征先の町から本拠地バルキシメトに車で帰る途中だった。走行中の道路に岩が転がって車と衝突したと伝えられている。
バルブエナは17年からエンゼルスに所属し、今季は96試合に出場して打率1割9分9厘。8月7日に自由契約となっていた。明るい性格の選手で、大谷ともよく言葉を交わしている様子が伝えられていた。

日刊スポーツ

「大谷翔平」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「大谷翔平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ