紀平梨花が公式練習 アクセル7本跳び、6本成功

12月7日(金)6時31分 日刊スポーツ

グランプリファイナル女子SPを午後に控え、調整する紀平(撮影・菅敏)

写真を拡大


フィギュアスケート女子で6日(日本時間7日)開幕のグランプリ(GP)ファイナルに出場する紀平梨花(16=関大KFSC)宮原知子(20=関大)坂本花織(18=シスメックス)が同日朝、ショートプログラム(SP)に向けてカナダ・バンクーバーの本番会場で公式練習に臨んだ。
紀平は30分間の練習で代名詞のトリプルアクセル(3回転半)を7本跳び、6本成功。SP「月の光」をかけての通しでは3回転半、フリップ−トーループの連続3回転、3回転ルッツとジャンプを全て決めた。
宮原はSP「小雀に捧げる歌」をかけての練習で、ルッツ−トーループの連続3回転などジャンプ全てをノーミス。坂本も「フロム・マイ・ファースト・モーメント」をかけて、フリップ−トーループの連続3回転などを成功させた。
平昌五輪金メダリストで2連覇を目指すアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)も、高難度のルッツ−ループの連続3回転を決めるなど安定感は健在。女子SPは日本時間7日の午後2時から行われる。

日刊スポーツ

「紀平梨花」をもっと詳しく

「紀平梨花」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ