オリックス後藤600万減 駿太から変更も「無」

12月7日(金)12時30分 日刊スポーツ


オリックス後藤駿太外野手(25)が7日、大阪市内の球団施設で契約交渉に臨み、600万円ダウンの2300万円で更改した。
昨オフに「駿太」から「後藤駿太」に登録名を変更して挑んだシーズンだったが、今季はプロ入り後初となる開幕2軍スタート。2軍生活が長く、1軍出場試合も33試合にとどまり、打率も2割1分6厘と振るわなかった。「悔しかった。情けないし『無』な感じで何もなかった」と今季を振り返った。
今季はシーズン序盤に同じ外野手の宗がブレーク。若手の台頭に危機感を感じていると話す後藤は「できることならもう1回一から見てほしい。キャンプが一番大事だと思って、やっていきたい」と巻き返しを誓った。

日刊スポーツ

「駿太」をもっと詳しく

「駿太」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ