森保ジャパン タイ到着、21時間かけ移動 初陣へ軽めの調整

12月7日(木)23時48分 スポーツニッポン

ブリラム到着後、初練習を行ったU―20日本代表

写真を拡大

 森保監督率いるU—20日本代表が7日、初陣のM—150杯が行われるタイ・ブリラムに到着した。8日夜に日本を出発してから練習場に到着するまで、移動時間は約21時間。長時間移動が「久々」だったという指揮官は「(国内線への乗り継ぎの)待ち時間も多くて選手も大変だったろうな」とおもんばかった。

 午後7時からは練習場に移動し、約1時間ジョギングなどの軽めの調整を敢行。練習の最後の円陣に森保監督が「今日の練習足りてる?」と聞くとDF麻田(京都)が「いまいち足りてないです」と答えて笑いが起こるシーンもあった。

 9日のU—23タイ代表戦に向け、8日は2部練習を行う予定。指揮官は「まずコンディションを整えて、体も頭もフレッシュな状態にして、明日は試合に向けてより効果的な練習をしたい」と話した。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

タイをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ