25歳・沖せいらが大逆転V!新垣比菜は逃げ切りならず【LPGA新人戦 最終日】

12月8日(金)15時33分 ALBA.Net

沖せいらが鮮やかな逆転で初勝利を飾った(撮影:佐々木啓)

写真を拡大

LPGA新人戦 加賀電子カップ 2日目◇8日◇グレートアイランド倶楽部(6,526ヤード・パー72)>

今季のLPGAプロテスト合格者22人が出場した「LPGA新人戦 加賀電子カップ」の最終ラウンドが終了。首位と5打差の4位から出た25歳のオールドルーキー、沖せいらが6バーディ・ノーボギーと猛チャージを見せ、トータル8アンダーで大逆転勝利を飾った。


出だしの1番パー4でおはようバーディを奪った沖は、4番・6番と3つのパー4でバーディを奪取。前半を4アンダーで折り返すと、後半でも10番・16番とパー4で着実にスコアを伸ばし、プロ初の栄冠を勝ち取った。

昨日に7アンダーのロケットスタートを決めた新垣比菜は、この日1バーディ・3ボギーの“74”と振るわず。トータル5アンダー3位に終わった。首位と2打差の2位にプロテストトップ合格の松田鈴英が入った。その他、吉本ひかるがトータル4アンダー4位、小祝さくらがトータル2アンダー6位タイ、勝みなみがトータル1アンダー8位タイだった。

【最終結果】
優勝:沖せいら(-8)
2位:松田鈴英(-6)
3位:新垣比菜(-5)
4位:吉本ひかる(-4)
5位:立浦葉由乃(-3)
6位T:小祝さくら(-2)
6位T:金澤志奈(-2)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

LPGAをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ