水瀬きいの突撃インタビュー! Vol.11 生年月日が1日違いの同級生 久保凜太郎選手

12月8日(金)19時57分 AUTOSPORT web

 2017年からオートスポーツwebナビゲーターに就任した水瀬きいさんに、日本で活躍するレーシングドライバーに突撃インタビューをしてもらうことになりました。第11回目は、GT300クラスまでステップアップして、2017年はTOYOTA PRIUS apr GTに乗り第5戦富士で3位表彰台を獲得するなど、若手ドライバーとして頭角を現している久保凜太郎選手です。


 ちなみにきいさんと久保選手は同い年で、誕生日も一日違い! 「あまりよく思い出せないけど、ずいぶんと前から知り合いなような……」という、近いんだか近くないんだかよく分からない関係の二人のインタビューは、のっけからいい感じで脱線していきそうでした。

久保選手にインタビューする水瀬きい


■全体的にバックオーライしちゃいました


水瀬きい(以下きい):aprに移籍して、2017年はどんな一年でしたか?

久保凜太郎(以下久保):表彰台に登らせていただいたので、そこは本当に感謝ですね。あとは、これまで自分に甘い部分がいっぱいあったので、その点については成長できたかなと思います。


きい:今季ドライブしたプリウスは、今までドライブしてきたクルマと比較してみてどんな印象ですか?

久保: 今まで乗ってきたのがポルシェ カレラカップのカップカーやメルセデスSLS AMG GT3なので、JAF-GT車両のプリウスとはまったく違うものを感じています。本当にフォーミュラに近いマシンだなと。


きい:名門チームへの移籍とあって、緊張したり気負ったりはしませんでしたか?

久保:レースの1週間前からお腹が痛いのと、あとはハゲました(笑)。


きい: えぇ!? ちなみにそれはM字ですか? それとも10円ですか?

久保:いや、全体的にバックオーライしました。以前は隠れていたホクロが見えてきた(笑)。あと、白髪が増えましたね。


きい:24歳にして……。ヘアケアなど、何かいいものは見つけましたか?

久保:20歳の時に母親にプレゼントされた育毛剤を、4年ぶりに引っ張り出してきました。いいって聞いた資生堂の製品を。母親から『お父さんキテるんだから、早めにね!』って(笑)。でも、こんなにも早くくるとは思いませんでした。

31号車TOYOTA PRIUS apr GT


■選手紹介にはかなり気合を入れています!


きい:パートナーの嵯峨宏紀選手はどんな人ですか?

久保:僕がル・ボーセ(ル・ボーセモータースポーツ)で初めてフォーミュラに乗ったときから知っている人で、その頃からいろいろと教えてもらっています。まさかこのような形で組むとは夢にも思っていなかったので、ちょっと不思議な感じがしますね。もちろん、今でもたくさん教えてもらっています。


きい:人柄としてはどうですか?

久保:優しいし、時に厳しいし、aprにも長く在籍されているので、プリウスというクルマを速い方向へ導く方法を知っている人だなぁって。一緒に選手紹介にも付き合ってくれるような優しい人ですね。


きい:プライベートでも交友はありますか?

久保:それは一切ないんですよ。


きい:今年は毎戦、決勝日の選手紹介の際にネタを仕込んでいますが、どちらが考えているのですか?

久保:全部、僕が考えています。


きい:それを嵯峨選手に「こうしてください!」って?

久保:レース前、嵯峨さんとこのためだけに連絡を取って、打ち合わせをしてます。僕の提案を伝えては反対されてを繰り返していますね。小道具もレースウイークに買い出しに行ったりして。気合い入ってるでしょ?


きい:aprというチームはいろいろお話を聞いていると、かなり雰囲気がいい感じですが、実際のところはどうでしたか?

久保:トヨタ系の若手ドライバーがこのチームを卒業して、GT500クラスにステップアップしたり、チャンピオンになっているので、まさに名門ですよね。それから、監督の金曽(裕人)さんの存在がとても大きいです。金曽さんをトップに、メカニックたちの動きも早くて一流だし、たとえ学生メカニックがパッと来ても、うちのチームだと見違えるくらい動きが良くなるんです。名門としての“箔”みたいなものも関係があるのかもしれませんね。


きい:プリウスに乗るようになってファンは増えましたか?

久保:増えたと思います。いいファンの方たちに恵まれてますよね。aprに来てから知ってくださった方も多いはずです。表彰台に立てたことも、その要因のひとつにはなっていますね。


きい:ファンの方との距離感はどんな感じですか?

久保:だいたいムチャ振りされます(笑)。「変顔して〜」とか。で、だいたいやっちゃったりしてます(笑)。


きい:愛されてますね。

久保:そういうことにしておきましょうかね(笑)。

お互いに昔から知る存在だからこそ、思わぬ本音も


■プリウスをまたランキング上位に押し上げたい!


きい:最近のマイブーム、もしくは趣味は?

久保:ゲームですかね。最近はグランツーリスモSPORTを。あとはLINEポコポコ。クローバーを送る機能があるんですけど、あまり友達がいないから送ってくれる人が少なくて……。それからちょっと前にウクレレにハマってました。でも、たいてい弾けるようになる前に辞めちゃいますよね、ああいうの。ハワイアンミュージックっぽいのは、1曲だけなら弾けるかなぁ。


きい:サーキットでお披露目の予定は?

久保:ギャラ次第で(笑)。


きい:休みの日は何をしていますか?

久保:寝るって決めた日はひたすらインドアに徹します。でも友達と出かけたりするのは好きです。バーベキューとか最高ですよね。


きい:来年と、さらに将来の目標を教えてください。

久保:来年、僕がスーパーGTに乗れるかは分かりませんが、もしまたプリウスに乗れるのであれば今年学んだことをフルに活かしたいです。aprはランキング上位の常連チームだったわけですから、もう一度その位置にプリウスを戻せるようにして、自分も成長したい。将来の夢としては、「久保凜太郎」って名前で、どこでも偉そうに歩けるようになりたいですね(笑)。


きい:今のところ偉そうに歩けるエリアは?

久保:家? ひとり暮らしの家の廊下を、偉そうに歩くぐらい(笑)。


きい:では、その夢に向かって応援してくれるファンの皆さんに、ひと言。

久保:えー、その流れだと「偉そうに歩くために応援して!」になっちゃうので……(笑)。そうではなくて、いつでも謙虚に低姿勢で頑張りますので、ぜひ話しかけてみてください! 僕のことをみなさんに知っていただきたいですね。よろしくお願いします!!


AUTOSPORT web

インタビューをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ