Cロナ&メッシの“2大スター”が10年連続バロンドールを総嘗め。2018年はどうなる?

12月8日(金)9時0分 フットボールチャンネル

 2017年のバロンドール受賞者がレアル・マドリーに所属する32歳のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに決まった。この結果、FIFAバロンドール時代も含め同選手とバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが10年間バロンドールを総嘗めすることになった。

 2008年にC・ロナウドが初めてバロンドールを受賞。その翌年にはメッシがバロンドール受賞者に輝いている。それ以降、お互いにバロンドールを獲得し続け、2017年までの10年間、この“2大スター”以外の選手がバロンドールを受賞出来ていない状況にある。

 伊メディア『フットボールイタリア』によると、2017年のバロンドール最終候補者10人の順位は、1位C・ロナウド、2位メッシ、3位ネイマール、4位ジャンルイジ・ブッフォン、5位ルカ・モドリッチ、6位セルヒオ・ラモス、7位キリアン・ムバッペ、8位エヌゴロ・カンテ、9位ロベルト・レバンドフスキ、10位ハリー・ケインだったという。2018年は、C・ロナウドやメッシをおさえてバロンドールを受賞する選手は現れるのだろうか。

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バロンドールをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ