日本代表、三浦弦太が北朝鮮戦で初先発の可能性。極寒の中、E-1初戦へ最終調整【日本代表練習レポート】

12月8日(金)19時52分 フットボールチャンネル

 日本代表は8日、翌日のEAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会(E-1)の初戦・朝鮮民主主義人民共和国代表戦に向けて、会場となる味の素スタジアムで公式練習を行った。

 予定よりも早めに始まった練習では、冒頭にヴァイッド・ハリルホジッチ監督を囲んでのミーティングを行った。数分間の短めなもので、その後チームはピッチの外周をランニングし、短めのダッシュなどを入れながら徐々に体を温めていった。

 ランニングでは、これまで清武弘嗣が先頭を走っていたが、同選手が離脱したことで昌子源や倉田秋らがチームの前に出た。さらに若い三浦弦太も先頭グループで走っていた。

 9日の北朝鮮戦で22歳のセンターバックがA代表初先発を飾る可能性もあるのではないか。本人は「特に意味はない」と語ったが、吉田麻也や槙野智章がいない今、三浦が念願の代表初キャップを刻む可能性は大いにある。清武の代役として追加招集されて合流2日目の土居聖真は、まだ日本代表の雰囲気に慣れないのか、ランニング中も最後尾を走っていた。

 気温5度前後という極寒の中で行われ、冒頭15分間のみの公開となった8日の練習では、これまでのような笑顔がほとんど見られなかった。東アジアの頂点を決める戦いを前に、選手たちの緊張感は徐々に高まってきている。

(取材・文:舩木渉)

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本代表をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ