ブンデス勢はELグループステージ全滅の大失態…CLではバイエルンのみ決勝T進出

12月8日(金)8時11分 フットボールチャンネル

 現地時間7日にヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第6節の試合が行われ、日本代表FW大迫勇也が所属するケルンはレッドスター・ベオグラードと対戦し0-1の敗戦を喫した。この結果、ケルンも決勝トーナメント進出を逃しELグループステージを戦ったブンデスリーガ勢は全滅している。

 最終的にケルンはグループ3位、ホッフェンハイムとヘルタ・ベルリンはグループ最下位で大会を去ることになった。一方で、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント進出を果たしたのはバイエルン・ミュンヘンのみ。ライプツィヒとドルトムントはグループ3位に終わり、EL決勝トーナメントにまわることになった。

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バイエルンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ