片山、平野が決勝へ=女子は冨田が予選突破—W杯スノーボード

12月8日(金)8時58分 時事通信

 【カッパーマウンテン(米コロラド州)時事】スノーボードのワールドカップ(W杯)は7日、米コロラド州カッパーマウンテンで男女のハーフパイプ第2戦の予選が行われ、男子は片山来夢(バートン)が96.00点で2組1位、2014年ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(木下グループ)が92.66点で同組3位となり、各組上位5選手による決勝に進んだ。安藤南位登(尾瀬ク)、ソチ五輪銅の平岡卓(バートン)は敗退。9月の開幕戦で優勝した戸塚優斗(チームヨネックス)は練習中に腰を痛めて欠場した。
 女子は冨田せな(新潟・開志国際高)が8選手による決勝に進出。大江光と今井胡桃(ともにバートン)は予選落ちした。決勝は9日に行われる。 

[時事通信社]

時事通信

この記事が気に入ったらいいね!しよう

W杯をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ