日本ハム斎藤佑樹、来季グラブはケビン山崎氏カラー

12月8日(金)17時10分 日刊スポーツ

日本ハム斎藤佑樹(2017年9月27日撮影)

写真を拡大


 日本ハム斎藤佑樹投手(29)が8日、大阪市内で行われた「ミズノブランド アンバサダーズミーティング」に出席した。
 同学年のドジャース前田らも参加し、来季に向けてグラブやシューズなどを精力的にチェックした。
 グラブは今季までメインカラーで使用していた黒に、赤を交えた仕様に。「ケビンさんを見て、カッコイイと思ったんです」。16年から通い詰めるスポーツジム「トータルワークアウト」を主宰するケビン山崎氏を連想。同氏は全身黒色を身にまとい、ベルトを通す部分・ベルトループにワンポイントで赤色を効かせていることからインスピレーションを得たようだった。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本ハムをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ