原口決定機決められず ヘルタはドローで最下位

12月8日(金)9時1分 日刊スポーツ

左足でシュートを放つFW原口(右)(AP)

写真を拡大


欧州L:ヘルタ1−1エステルスンド>◇1次リーグJ組◇7日◇ベルリン

 すでに敗退が決定しているFW原口元気が所属するヘルタ(ドイツ)は、ホームでエステルスンド(スウェーデン)と1−1で引き分けた。
 後半13分に先制されたが、その3分後にDFペカリクが右足で決めて同点に追いついた。
 原口は左サイドで10月14日のシャルケ戦以来のスタメン出場。前半17分には強引に左サイドをドリブル突破し、左足シュートを放ったがマークにきた相手DFにはじかれ、同35分には相手ボールを奪ったカウンターでドリブルで駆け上がって決定機を作り、左足で狙ったが相手GKに阻まれてゴールは奪えず、1−1の後半35分に退いた。
 ヘルタは1勝2分け3敗の勝ち点5で、最下位で1次リーグを終えた。
 J組はビルバオ(スペイン)が3勝2分け1敗の勝ち点11で首位突破。エステルスンドが2位突破となった。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ドローをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ