ソフトバンク寺原雪辱誓う 15%減の4500万

12月8日(金)11時5分 日刊スポーツ

ダウン提示で更改した寺原は報道陣の質問にこたえる(撮影・梅根麻紀)

写真を拡大


 ソフトバンク寺原隼人投手(34)が8日、福岡市内の球団事務所で契約交渉に臨み、約15%ダウンとなる4500万円で更改した。
 「今季は不本意な成績に終わった。もっと試合数投げたかった。もう一度、しっかり体をつくって衰えない球を投げたい」。今季は24試合に登板し、1勝2敗、防御率4・25。2年連続のダウン更改に「(プロ野球は)次の年に頑張ったら(年俸は)上がるので、チャンスをもらったと思ってそこに賭けたい」。来季プロ17年目を迎えるベテラン右腕は雪辱を誓った。(金額は推定)

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソフトバンクをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ