クリンスマン氏息子がトップデビュー PK止めた

12月8日(金)8時44分 日刊スポーツ

トップデビューを果たしたヘルタGKヨナタン・クリンスマン(AP)

写真を拡大


欧州L:ヘルタ1−1エステルスンド>◇1次リーグJ組◇7日◇ベルリン

 前米国代表監督で元ドイツ代表FWユルゲン・クリンスマン氏の息子のGKヨナタン・クリンスマン(20)がトップデビューを飾り、1−1のドローに貢献した。
 身長194センチのクリンスマンは4部の23歳以下のチームで6試合に出場していたが、正GKの休養と控えGKの風邪での欠場で出場チャンスをつかんだ。前半は無失点に切り抜け、後半13分にCKの2次攻撃から相手DFパパヤノプロスに右足でたたき込まれて先制点を奪われたが、後半42分にはMFノウリのPKの方向を読み、右へ飛んでピシャリと止める好セーブを見せた。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

欧州をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ