背番号「21」の清宮幸太郎に金田正一氏「頑張りなさい!」

12月8日(金)7時0分 NEWSポストセブン

400勝投手が怪物清宮に、これ以上ないメッセージ

写真を拡大

 ルーキーへの期待の大きさを表わすのが背番号だ。今オフ最も注目されていたのが、日本ハム入りが決まった早稲田実業・清宮幸太郎の背番号。ダルビッシュ有大谷翔平がつけた「11」なのか、それとも尊敬する早実の大先輩・王貞治の「1」か……と様々な憶測が飛び交ったが、フタを開けてみれば「21」という意外な(?)番号だった。


 そんな清宮に、「11」や「18」などエース投手がよくつける番号とは異なる背番号「34」(巨人の永久欠番)をつけた400勝投手・金田正一氏がエールを送る。


「『34』は国鉄スワローズのルーキーだった時からつけておる。国鉄球団からは“成績を残したらエースらしい番号に替えてやる”といわれたが、ワシは“ほっといてくれ”とハネつけたのよ。金田さんがつければどんな数字だって憧れの背番号になるからな。だから“『34』をエース番号にしてやる!”と必死に投げたよ。なのにヤクルトが『34』を永久欠番にしていないのはなんでなんだ? 間違っとる! 400勝投手への敬意が足りませんよ!」


 カネやん、話が脱線してます……。清宮の「21番」をどう思いますか?


「自分のつけた番号を大きくしようという清宮の心意気やよし。頑張りなさい!」


 ファンイベントで「目標はシーズン60本塁打」とビッグマウスぶりを見せたあたりも“カネやん譲り?”の清宮にはまずは来季、背番号より多くのアーチをかける活躍を期待したい。


※週刊ポスト2017年12月15日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

背番号をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ