【阪神】桑原、球団最高の463%増!金本監督「出してあげて」援護でガッポリ

12月8日(金)6時2分 スポーツ報知

契約更改交渉を終え、記者会見する阪神・桑原

写真を拡大


 阪神・桑原謙太朗投手(32)が7日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸800万円から3700万円アップの4500万円でサインした。463%増は昨オフの原口の358%増を上回る球団史上最高の昇給率となった。

 「(提示額を見て)ありがとうございますという感じです。想像していたより、ちょっと上です」と右腕は控えめな笑顔を見せた。横浜、オリックスと渡り歩き、昨季は1軍登板なしで戦力外の危機だった。だが、プロ10年目で花開いた。チーム最多の67試合に登板し、4勝2敗39ホールド、防御率1・51。同僚のマテオとともに最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。年俸が約5・6倍となる虎史上に残るシンデレラ・ストーリーを描いた。

 苦労人は金本監督への感謝を口にした。威力のある「真っスラ」にほれ込みセットアッパーに抜てきした指揮官は、金銭面でも援護射撃していた。谷本球団副社長が「桑原には『(たくさん)出してあげて』、と監督推薦があった。考慮して思い切った額を出したつもりです」と明かした。

 来季の課題は、対戦防御率4・05だったG戦のマウンド。「いちばん打たれたイメージがあるので、何かしら対策をしていきたい」とリベンジを宣言。フォークなど新球マスターに取り組む考えだ。金本監督への恩返しは、2年続けてのフル回転と巨人アレルギーの払拭だ。(島尾 浩一郎)

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

阪神をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ