【なでしこ】前半1—1で折り返し…田中美南先制弾の直後にPK献上

12月8日(金)19時53分 スポーツ報知


◆サッカー 東アジアE—1選手権(女子)▽第1戦 日本—韓国(8日・フクダ電子アリーナ)

 高倉体制で初タイトルを目指すなでしこジャパンは、初戦の韓国戦で前半を1—1で終えた。

 なでしこは、なでしこリーグ2年連続得点王のFW田中美南(23)=日テレ=のゴールで先制。前半7分、左サイド深くからDF万屋美穂(21)=マイナビ仙台=がマイナスのクロスを上げると、ファーサイドに走りこんだ田中が後ろに下がりながらヘディングシュートし、ゴールネットを揺らした。

 しかし、同14分にPKを与えて同点に追いつかれた。

 その後、ミスが続いて苦しい時間もあったが、前半終了間際には、MF長谷川唯(20)=日テレ=が左サイドを突破。クロスを上げようとしたが、GKが出ているのを見てシュートを選択。ボールは惜しくもクロスバーのわずか上を通過し、同点のまま前半を終えた。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

田中美南をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ